乗り物好きてつおのおでかけ〜三崎まぐろきっぷ〜

乗り物好きてつおのおでかけシリーズが続きます。

今回は「三崎まぐろきっぷ」を使って三浦海岸へのお出かけです。

三浦海岸について

三浦海岸は、神奈川県の三浦半島にある海岸で、東京からは京浜急行電鉄に乗っていくことができます。

夏は海水浴を楽しめるビーチもあります。

三浦海岸駅までは、品川から京浜急行電鉄の快特に乗っておおよそ1時間です。

地図で見ると結構離れているように見えるのに、以外と近いのですね〜

三崎まぐろきっぷについて

三崎まぐろきっぷは、その京浜急行電鉄が発行しているきっぷで、三崎口までの電車のきっぷと、お食事一回分、そして三浦海岸の観光スポットの施設利用券がセットになったきっぷです。

きっぷのは京浜急行線各駅の券売機で購入できます。私達は品川駅で購入しました。

品川駅からは、三崎まぐろきっぷは大人3500円です。

このきっぷでお食事できるレストランや施設は、ホームページや、きっぷ購入時にもらえるパンフレットに載っています。

ちなみに、施設利用券は、私たちも訪れた、油壺マリンパークや、日帰り温泉施設、水中観光船、レンタサイクルや二階建てバスのツアー等々・・・沢山あります。

また、三崎まぐろきっぷは、進行方向であれば、何度でも途中下車が可能です。(ただし逆方向にはいけません。)

品川で乗車して、横浜や上大岡、三浦海岸などで下車して、また三崎口行きに乗ることはできますが、三崎口についてから、やっぱり三浦海岸に戻ろう、と言ったことはできませんが、帰りはまた進行方向であれば、途中下車が可能です。

「イエローハッピートレイン」

品川駅からは、快特の三崎口行きに乗りました。

実はこの時乗った電車が「イエローハッピートレイン」とよばれる黄色いラッピング電車でした。

その時は何も知らずに乗っていたのですが、京急の車両の中では大変珍しい電車で、乗れると幸せになれると言うことから「イエローハッピートレイン」と言う名前がついたとか。

ホームに止まるたび、外で写真をとっている人たちが沢山いました。

私達は、午前10時前に品川駅でこの電車に乗ったと記憶しています。

調べてみると、京急のホームページに運行状況が乗っていましたので、こちらを参考にすれば、「イエローハッピートレイン」に乗れると思います!

そして、車内でもラッキーなことに、先頭車両の一番前に座ることができました。運転手さんのすぐ後ろなので、てつおは大興奮!臨場感あふれる鉄道の旅となりました。

三崎まぐろきっぷでいただいたお昼ごはん♪

進行方向なら何度でも途中下車できるという特徴を生かして、私達はまずは三浦海岸で下車し、海沿いを少し散歩し、お昼ご飯をいただきました。

三崎まぐろきっぷで頂けるお昼ご飯の中から選んだのは「さかな料理 まつばら

三崎まぐろきっぷというだけあって、三浦半島はまぐろが有名なのですね。

まぐろ丼やお寿司などのまぐろを味わいたいと思いましたが・・・まだてつおはお刺身デビューをしていなかったので、今回は、焼き魚や煮魚を食べることのできるこちらのお店でいただくことにしました。

これがまたボリュームたっぷりの定食でした!ご飯・お味噌汁・お刺身・煮魚・・・てつおとシェアしてもお腹いっぱいになりました。てつおは煮魚が気に入ったようで、とても美味しそうに頂いていました。

また、これとは別に、生しらす(夫はビールも!)も頂きました。これも絶品でした〜!!

三崎まぐろきっぷで訪れた施設「油壺マリンパーク」

さてさて、お腹を満たした私達は、再び京急に乗って三崎口まで行きました。

次なる目的地は「油壺マリンパーク」です!通常であれば、大人一人の入場料は1700円のところ、今回は、三崎まぐろきっぷでスイスイ〜!

油壺マリンパークは、三崎口駅からバスでおよそ15分、バス停を降りて5分ほど歩いたところにあります。

(ちなみに、三崎口駅からのバスも、三崎まぐろきっぷで乗ることが出来ます!)

油壺マリンパークまでバスが行ってくれればよかったのですが、バス停を降りてから歩道のない道を5分ほど歩いて到着です。

油壺マリンパークは、こじんまりとした水族館でしたが、当時2歳のてつおにとっては、ちょうど良い規模の水族館でした。

小規模の水族館ですが、本格的なイルカやアシカのショーもありますし、可愛いカワウソくんもいますし、十分楽しめましたよ。

てつおは、到着時、既に少しお疲れ気味だったので、あまり広くても回りきれなかったと思います。

ちなみに、てつおが一番喜んでいたのはこの電車。水族館全然関係ないんですけどね。

油壺マリンパークの滞在時間はおよそ一時間でしたが、バスを乗り継いで三崎口駅に戻ると15時。家に到着したのは17時頃でした。

2歳のてつおにとっては、ちょうど良い日帰り旅行となりました。

いかがでしたでしょうか!

小さな子供も大満足の「三崎まぐろきっぷ」を使って、ちょっと非日常を味わいに三浦海岸まで是非足を運んでみてくださいね〜。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大